浸水対策で安全性を

浸水対策で被害を最小限に

トップ / 浸水対策で被害を最小限に

トラブルの防ぎ方情報

家にあるもので浸水対策

豪雨などの理由により冠水している場合は2階以上の部屋に避難した方が良いですが、家にある物でも浸水対策は出来ますので、被害を最小限に抑えるために試してみると良いです。ゴミ袋を二重から三重にして作った簡易水のうは結構な重さになるため玄関のドアギリギリの所に置いておくと浸水を防げます。もし段ボールがあるなら併用する事によってより安全性が増し、浸水対策に繋がります。事故が起こってからどうすれば良いかと考えるのではなく、普段から万が一災害が起きた時にどんな対処法を取ればいいいかを家族で話し合っておく必要があります。

浸水対策で大切な資源を守ろう。
土嚢から水嚢に代わる事で、はるかに短い時間で人々の危険を回避し、対策を建てる事ができます。多彩な形やサイズが設定できます。