漏電と生活のトラブル

電気が生む生活のトラブル

トップ

トラブルの防ぎ方情報

生活のトラブル「漏電」

生活のトラブルのひとつ、漏電についてご説明しましょう。電気製品や屋内配線には電気が漏れないように「絶縁」という処理がされています。コードやプラグなど電線が傷ついたり、老朽化したり、水を被ったりすると外部に電気が漏れていまい、「漏電」が起こります。これによって、感電事故が起きたり、火災の原因になってしまったりするので、注意が必要です。防止策としては、たこ足配線をやめ、熱器具は使用後に線をぬきましょう。また、電気に水は禁物です。このような生活のトラブルにあわないようにするためにも、定期点検をお願いしましょう。

漏電について知っておきたい

普段何気なく起きてしまう、生活のトラブルということも色々あります。中でも漏電につては深刻で、それが原因で、家の火災になってしまうこともあります。漏電とは、通常コンセントにしっかりとはまっているはずの、プラグとの接点の所に、水滴が付いたり埃が溜った状態で、すき間が出来ている場合でも起きやすくなり、日常での生活のトラブルとなってしまいます。電気が外へと流れ出してしまい、人に被害があったり、火災の原因となってしまうので、大事となりかねません。或は、一軒家で、天井裏にねずみが住みついていても、尿などによって引き起こされることがあります。